スポンサーリンク

動画制作のクオリティを上げるプラグイン

今週は、水曜日と土曜日に1本づつ、2本(「ドラゴンボール全て集めたあと…」「ドラゴンボール全て集めたあと…(パート1のつづき)」)の動画をアップして、チャンネル登録者数が376人、先週より3人増えました。

今週は、3人増えてマイナスがなかった感じです。

最近マイナスがないんで制作意欲が湧きます。

インプレッション数と視聴回数も、右肩上がりです。

来週以降もこの調子でいきたいです。

さて、今週はAfterEffectsのプラグインについてのお話しをしたいと思います。

このサイトでも毎週動画を上げているのですが、この動画制作において筆者は主に、Adobe製品を使って制作しております。

中でもAfterEffectsはかなり重宝していまして、全ての作品に絡んでおります。

AfterEffectsユーザーならわかると思いますが、動画制作のスキルが上がってくると、AfterEffectsの既存のエフェクトでは物足りなくなってきます。

既存のエフェクトでは、表現に限界があり、より良い作品を作るには、有料のプラグインが必要になってきます。

もちろん、既存のエフェクトで良い作品を作るクリエイターはたくさんいますが、細かく、そして簡単にできるプラグインがあれば、筆者はそちらを選びたくなります。

で、筆者は「Red Giant社」が発売している有料のプラグイン「Particular(パーティキュラー)」を購入して使っているのですが、やはり、既存のパーティクル「CC Particle Systems Ⅱ」や「CC Particle World」とは全然違います。

プラグイン_グロー

より複雑な表現ができるようになりました。

AfterEffectsを使いたての頃は、知識が薄く、プラグインを追加できる事すら知りませんでしたが、スキルが上がってくるといろんな方の動画を見るようになり、情報も入ってくるので自然と知識が身につきました。

筆者が特に参考にしている動画クリエイターは「ダストマン」というクリエイターです。

この方はかなり参考になると思いますので、興味がある方は、こちらからダストマンTips

筆者が動画制作の時、よく使う手法があるのですが、その中であと欲しいプラグインは、光系とグローのプラグインです。

「パーティキュラー」も使用してから、だいぶ幅が広がりました。

ダストマンがオススメにしている光系とグローのプラグインは、光系は「Optical Flare」、グローは「DeepGlow」「S_Glow」「Starglow」なので、まずは、よく使いお手頃価格のグロー「DeepGlow」を購入してみようと思います。

この2つを揃えたら、また動画制作の幅が広がると思います。

という訳で、今週は動画制作におけるプラグインのお話しをしました。

 

             

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です