スポンサーリンク

消えた詐欺師の行方

今週は、土、日曜日に1本づつ2本(「崖と崖の間の丸太を渡った先にアイツが⁉」「仲間で協力して崖の間を丸太で渡りきることができるか⁉」)の動画をアップして、チャンネル登録者数が348人、先週より3人増えました。
今週は、5人増えて2人減った感じです。
インプレッション数や視聴回数は減り続けている。

やっぱり動画投稿の頻度を上げないといけないのかなぁ~

週に2~3本が限界やからなぁ~

さて、今週はお仕事の話を少しだけ。
前にも触れたと思いますが、このブログの筆者の自分は調査会社に勤めております。

で、何ヵ月もの間、何も結果が出ていなかった案件がありまして、ようやくいい結果が出た案件がありました。というのも、詐欺に合われた方からの依頼で、詐欺師の行方を掴みたいという依頼。

この案件は今年の初夏から始まったのですが、今まで何の成果もあげられませんでした。
依頼者の情報から、勤務先、自宅、実家、ターゲットの子供たちの自宅あらゆる場所を従業員総出で捜索しましたが、一向に姿を現しません。
どこかに潜んでいる事は間違いないんでしょうが、全く見つけられません。

勤務先に出入りがある人物を調査しても、ターゲットと接触する気配は無いし、子供たちの調査をしても接触はなし。
半分諦めかけながら、今度は娘の勤務先に出入りする人物の確認をしてみる事に。
※自営業で、ターゲットが出入りしている可能性がある為。

調査当日、勤務先店舗の表と裏側の出入り口を確認。
どうやら従業員の出入り口は裏側らしい。
さらに裏側の出入り口に隣接された一軒家があり、表札を確認してみると、何とも見覚えがある名字の表札があるではないか。
敷地内の駐車場も外車など数台止まっていて、かなり怪しい。
この一軒家に潜んでいる可能性が高い為、こっちを調査する事に変更。

張り込むこと5時間。

詐欺師

ターゲット(詐欺師)が出てきました。

で、数台あるうちの1台の車両に乗り、出かけて行きました。

警戒心が強いとの事で、この日は、ターゲットを確認できただけで終了。

今後は、慎重に調査して証拠収集にあたります。
これで依頼者も喜ぶことでしょう。

今後どうなったかもこのブログでお話ししたいと思います。

 

             

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です