満員電車には情報が溢れている!

満員電車ではよくターゲットの会話を聞いている!

別れたあと画像01

 ターゲットを尾行していると満員電車に遭遇する事があります。

 満員電車の場合は、人込みに紛れて失尾(ターゲットを見失う事)する可能性が高くなる為、なるべくターゲットに近づくようにしています。
 あまりターゲットと近い場所にはいたくないという調査員が多いのですが、発車間際の電車に駆け込まれれば、同じ扉から乗らざるを得ない状況になります。

 満員電車の場合は難しく、ターゲットから離れると失尾しやすくなり、近づきすぎるのも良くないので、距離感がすごく大事なんです。

 発車間際の満員電車に駆け込まれる事は何度も経験していますが、そうなると、しばらくターゲットと体を密着させながら乗車することになります。

 警戒心がないターゲットの場合は、全然平気なんですが、警戒心が強いターゲットの場合は、一度次の駅で降りたり、距離をとりたいところです。

 個人的に満員電車は、自然にターゲットに近づけて、いろんな情報が入ってきておもしろいので好きなんですが。

 ターゲットが一人の場合は、スマホを見ていることが多いので、どんなサイトを見ているのか?どんなアプリをしているのか?など、我々調査員もターゲットのスマホの画面を覗いています。
 LINEなら、家族、恋人、友達とのやり取り、サイトやアプリからは何に興味があるかなど、いろんな情報が出てきます。
 一度、ターゲットがスマホでヘアサロンを予約している事があり、ターゲットが通っている美容院が判明した事もあります。

 同僚、友達などでいる場合は、会話をよく聞いています。
 中には恋愛話をするターゲットもいるので、まだ恋人がいるのか分かっていない時に、ターゲットに恋人がいる事が分かった事もありました。

 あとおもしろかったのが、電車内でターゲットと恋人、恋人の友達3人でしゃべっていたのをこっそり聞いていた時、恋人だけが駅で先に降りて、ターゲットと恋人の友達と二人になった瞬間、二人で恋人の文句をずっと言っていました。
 このターゲットは近々、恋人と別れて、“この友達の方とくっつくな”と確信しました。

 調査でなくても、電車内ではあらゆる人々の会話は飛び交っているので、聞こうとしていなくても、聞こえてくる事は読者のみなさんも経験があると思います。
 中にはそんな会話に聞き耳を立てている人もいる事をお忘れなく。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください